『中村幸彦著述集1近世文芸思潮論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中村幸彦著述集1近世文芸思潮論』

ISBN:4124021410

中村幸彦著述集

 第一巻 近世文芸思潮

一 幕初宋学者達の文学

二 石川丈山詩論

三 文学は「人情を道ふ」の説

四 俳趣成立

五 虚実皮膜論の再検討

六 文人服部南郭

七 柳里恭の誠の説──付淇園略伝──

八 五井蘭洲文学

九 隠れたる批評家──付儋叟略伝──

    ──清田儋叟批評的業績──

十 読本初期の小説

十一 上田秋成物語

十二 小沢蘆庵歌論の新検討

十三 滝沢馬琴小説

十四 景樹子規

付一 風雅論的文学

付二 清新論文学


書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。