『中国文学のチチェローネ

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中国文学のチチェローネ

――中国古典歌曲世界

大阪大学中国文学研究

汲古選書?49

平成21.3.18


はじめに 高橋文治

 『陽春白雪』と「十大曲」

 古典歌曲のスタイル

 『花間集』と『楽府詩集』

 『花間集』から『陽春白雪へ』

 詞と曲と十大楽と


Ⅰ 詠史と滑稽――蘇東坡【念奴嬌】 高橋文治

 漁樵閑話と「三国志

 歌曲と詠史

 詠史と「滑稽

Ⅱ 歌と物語世界――無名氏【商調 蝶恋花】 陳文輝

 「蘇小小の歌」

 歌か物語

 歌となった物語


文人家庭の音楽――晏叔原【大石調 鷓鴣天】 加藤聰

 室内の風景

 家庭の楽しみ

 教養と愛唱のはざま


Ⅳ 野外の音楽――鄧千江【望海潮】 高橋文治

 詞とナショナリズム

 野外の楽しみ

 軍楽の系譜

 歌曲と軍隊


Ⅴ 惜春の系譜――呉彦高【春草碧】 藤原祐子

 亡国の非哀

 永遠の春

 「惜春」の行方


諷諭の系譜――辛稼軒【摸魚子】 小林春代

 「妾薄命」の系譜

 嘲笑風刺

 諷諭と社会詩


Ⅶ 多情の饒舌――柳耆卿【双調 雨霖鈴】 谷口高志

 歌謡性の証明

 「多情」と「無情」

 情の計量


Ⅷ 女流の文学――朱淑真【大石 生査子】 陳文輝・藤原祐子

 春心の競作

 才女の限界

 女流の挑戦


Ⅸ 宴席の歌――蔡伯堅【石州慢】 高橋文治

 外交使節の宴席

 宮廷の歌舞曲

 酒令の音楽


歌曲の二つの行方――張子野【中呂 天仙子】 谷口高志

 歌曲と士大夫

 歌曲と隠逸

 歌曲と妓楼


おわりに――詩と音楽詩と経典 浅見洋二


引用作品作者一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。