『上方文藝研究』12

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『上方文藝研究』12

2015

『上方文藝研究』


福田安典日本女子大学本『大和八条村孝子聞書』について」      (1)

神谷勝広享和元年十二月の大田南畝一新出順宣宛書簡を手がかりに一」 (7)

有澤知世「京伝黄表紙と「夢応の鯉魚」」 (14)

加藤弓枝「吉田四郎右衛門出版年表」 (24)

高松亮太林鮒主年譜稿(下〉一享和から天保まで」 (38)

新稲法子長岡京市正木彰家文書の詩稿について(三)」 (53)

 連載 上方文藝への招待(4)

 韓国大学傘下日本研究所ホームページにおける日本歴史的典籍画像データベースへのリンク現況 康盛国 (65)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。