『フィロロジーの射程』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『フィロロジーの射程』

    二〇一〇年三月三日 発行

九州大学文学部

はじめに ――人文学への誘い―― 九州大学文学部長 柴田篤


手書き資料の〈考古学〉                      岡崎敦  一

土器に書く                            坂上康俊 一一

漢字日本語を書く ――万葉仮名世界              高山倫明 二五

日本中世文書を読む                       佐伯弘次 三九

西欧中世における「文字読むこと」――テクスト読解とその諸条件  岡崎敦  四九

満洲文字を読む                          久保智之 六九

地図を読む                            遠城明雄 八五

源氏物語』のすがた――近代以前の古典文学享受          辛島正雄 九七

近代日本文学における「ねじれ」                  小黒康正 一〇七

字余り韻律論――万葉歌から近代短歌まで             高山倫明 一一三

独文学講座の誕生――戦争とメールヒェンの狭間から         小黒康正 一四九


あとがき               九州大学文学部人文学連絡会議     一六七

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。