『バカにみえる日本語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『バカにみえる日本語』

誰でも一度は使っている

誤字日本語研究会

辰巳出版

2005.6.1

バカにみえる日本語

バカにみえる日本語

http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/index.html

書籍

第1章 はじめまして、こんにちわ!

 ふいんき

 こんばんわ

 完壁

 寸暇を惜しまず

 至上命題

 思考錯誤

 笑う角には

 そのとうり

 うる覚え

 出る釘は打たれる

 徴妙

 コミニュケーション

第2章 質問にはお答えできかねません

 ギブス

 忘備録

 同音意義

 不詳の息子

 手持ちぶたさ

 責任追求

 できかねません

 前面リニューアル

 アボガド

 濡れ手に泡

 どこにでも偏在する

 先立つ不幸

第3章 夢の年俸一千万!

 年棒

 領布

 自分では役不足

 保障書

 全知全能を傾けて

 一瞬先は闇

 ファンタジック

 負けるとも劣らない

 とんでもありません

 国敗れて山河あり

 まぎわらしい

 汚名挽回

<<

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。