『シンポジウム日本語4日本語の文字』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『シンポジウム日本語4日本語の文字』

昭和50年3月25日 初版発行

學生社シンポジウム日本語

出席者

森岡健二司会

柴田武司会

山田俊雄

樺島忠夫

野村雅昭

第一章 言葉と文字・音韻

                 〈報告〉 柴田武

 一 文字論日本語研究においてこそ開発すべきユニークな分野

  欧米における文字研究

  日本人文字観と文字の特質

  日本人はなぜ文字に関心をもつか

  文字に開する種々の用語

  国語学における文字論の領域

 二 言語における文字の位置をどう考えるか

  文字観の対立

    A山田孝雄とB西洋言語学

  図解をめぐって

  〈クイズa> xや〓は文字

  〈クイズb> 鯢は文字

  〈クイズc> 読めない漢字

    文字と音と意味の関係

  〈クイズd> どぜう・ぢ・シウマイ

  C図の検討

  文字言語の一部か、言語の外にある記号

  文字の示差性とは何か

 三 ことばの変化と文字の変化

  漢字によることばの変化

  文字による語形の変化

  略語と外米語

  ホホ、ハハの発音文字

  文字の入れ替えによって語は変化するかしないか

  文字表記の揺れは語形の揺れより大きい

 四 正書法の安定と不安定

  日本における正書法の不安定な安定

  正書法についての日本人の意識

  残された問題


第二章 文字の研究 〈報告山田俊雄

 一 従前の文字研究の到達点

  これまでの文字研究の概観

  かなの起源とかなづかいの研究

  江戸期の漢学者の業績

  中国語彙の受け入れと

  世話字風の漢語と分解式の漢語

  辞書の歴史でなく日本における漢字の歴史を

 二 文字研究の体質と特徴

  文字体系――組織としての研究の欠如

  かなづかい研究の特質

  上代特殊仮名遣いは果たしてかなづかい

  文字組織の研究

    ――体系的研究とは――

  表記体系の記述と表記意識

  方法論にかかわる種々の問題

 三 将来の問題

  文字研究の着眼点――種々の問題の発見

  一つの文章あるいは文章ジャンルの含む文字

  文字の解読

  異体字と別字

  ――同じ字か違った字か――

  使用語藁と使用文字

  文字教育の問題



第三章 かなと漢字機能報告野村雅昭

 一 表意表音という分類は文字の機能説明するのに有効か

  表音機能表意機能

  表音性表意性の強弱とバランス

  表音文字表意文字の根本的な差は何か

  純粋な表意文字というのは存在するか

  漢字表意性表音性の特質

  文字列構造

 二 漢字はどのような言語単位対応するか

漢字の音の関係

  音訓対応の意識

  音訓の歴史と辞書に見える音訓

  辞書に登録した漢字とその読みの特質

  の固定と万葉がな

  現代の音訓意識

  現代人における和語漢語の意識

 三 字音語表記和語表記

  字音語漢字表記に対し、和語かな表記がふえる傾向

  かな表記の生じる契機

  かな表記ゲシュタルト

  分かち書きの問題

  漢字意味分化からかたかな表記の問題へ

  表記のスタイルと文体

  現代語表記の一つの傾向

 四 かなは語のまとまりを示すのにどのような役割を果たすか

  語のまとまりを示すかなの事例

  かなにおける表語機能と新旧かなづかい

  現代かなづかいの問題点

  かなづかい発音のずれ

  漢語かな表記の場台


第四章 日本語表記体系 〈報告樺島忠夫

 文字体系表記体系

 体系把握の方法

 "あらさ""複雑"という用語について

 文字体系はどのようにしてきまってくるか

 ルールは異なった文掌・体系にもあてはまるか

 文字体系のあらさと語や文への分割の自由度

 表記要素という概念

 表記要素の切れ目と語の切れ目

 文字列と音列は意味を媒介として対応するということ

 文字列と音列との対応に対し、意味はどんな関係にあるか

 今後の問題

 再び「言語にとって文字はいかなる位置にあるか」


あとがき

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。