『コトバ』7-6

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『コトバ』7-6

『コトバ』

1937.6

名取堯

大槻憲二

小口優

今井卓爾

橘正一「関東ベイ」

保井克己「助詞考?(音韻から見た助詞語法)」

中田憲久

大西雅雄「森有礼とホイットマンの往復書簡」(下)

吉水千之「音数律の思弁的原理に就て」?

有坂秀世「古音推定の資料としての音相通例の価値」(下)

書評

 大西雅雄「野島忠太郎氏著「心理学発達史」」

 MO生「陶山務氏著「微風ある精神史」」

山田二郎「雑誌論文抄」

 佐久間鼎「コトバと文字」?(国語教育五月号)ほか

ことばの会記事

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。