『コトバ』7-5

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『コトバ』7-5

『コトバ』

1937.5

小林英夫訳「言語史の原理」序説 (ヘルマン・パウル)

熊谷謙太郎・徐堯輝「無声破音に関する諸問題」

泉井久之助訳「昔時の東トルキスタン」(二) ヴィルヘルム・トムセン

有坂秀世「古音推定の資料としての音相通例の価値」

平山輝男「北九州に於ける二型アクセントの研究」(承前)

浅野信「感情と言語表現

書評

 今泉忠義沖野岩三郎氏述著『迷信の話』」

山田二郎「雑誌論文抄」

 橘正一「外来植物方言考」国語研究四月号

 植村秀吉「朗読に於ける衛生的部面の考察」

コトバの会記事

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。