『ことばの豆辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『ことばの豆辞典』

ダイヤモンド社

1969.4.17

この本は、昭和三十一年九月発刊以来、東京、大阪、名古屋の地下鉄主要駅、および三井銀行支店で配布し好評を博している三井ファミリー・カードことばの豆辞典」の一部を集大成したものです。

角川文庫

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第一集』角川文庫5517(緑558-1)、1983.10.10

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第二集』角川文庫5564(緑558-2)、1983.12.10

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第三集』角川文庫5600(緑558-3)、1984.1.10

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第四集』角川文庫5612(緑558-4)、1984.2.10

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第五集』角川文庫5678(緑558-5)、昭和59.5.10 isbn:4041558050

三井銀行ことばの豆辞典編集室『ことばの豆辞典 第六集』角川文庫6093(緑558-6)、1986.1.10


非売品

ジャパン・セールス・プロモーション編集

角川書店制作

昭和61.7.1


本年七月一日は当行が本邦最初の私立銀行として明治九年七月一日に創立されてから満百十年になります。これを記念して過去に採り上げた「ことば」の中から精選して取りまとめたのが本書であります。ここに本書を贈呈申しあげ(中略)

 本書発刊にあたり、第一号から今日まで三十年間の長きにわたり「三井ファミリーカード」の編集に携わってこられた株式会社ジャパン・セールス・プロモーションの長谷川顯氏に対して衷心より謝意を表します。

知的生きかた文庫版

さくら銀行『ことばの豆辞典』三笠書房・知的生きかた文庫、1994.3.10

さくら銀行『新聞・テレビ・お金・人生にまつわる/ことばの豆辞典[第2集]』三笠書房・知的生きかた文庫、1994.6.10

さくら銀行『ことばの豆辞典[第3集]』三笠書房・知的生きかた文庫

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。