『ことばに向かう日本の学知』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『ことばに向かう日本の学知』

釘貫亨宮地朝子

2011

ことばに向かう日本の学知

ことばに向かう日本の学知

http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-559-7.htm

釘貫亨「学史と学説史――序論に代えて――」

カレル・フィアラ言語作品の総合モデル化」

金銀珠近代日本文法学成立におけるbe 動詞解釈――記述文法学獲得への道――」

宮地朝子「山田孝雄「喚体句」着想の淵源」

小柳智一「『手爾葉大概抄』読解――「手尓葉」と「詞」――」

松澤和宏時枝誠記の〈主体的立場〉とソシュールの〈話者の意識〉――〈言語の科学〉と解釈学――」

かりまたしげひさ「消滅の危機に瀕する琉球語文学の研究」

李漢燮漢字文化圏における近代語彙の伝播の一例――『漢城旬報』を中心に――」

ズデンカ・シュヴァルツォヴァー「翻訳以前にテキストを考察する方法の実例――謡曲の鸚鵡小町のテキストを踏まえて――」

釘貫亨「専門知「国語学」の創業――橋本進吉音韻史――」

肥爪周二「日本悉曇学と『韻鏡』」

岡島昭浩「近世語学"軽重"義」



山東功「明治期国学と国語学」

安田尚道「万葉仮名の二類の区別はどう理解されたのか――"音の区別に基づく"という考えの提起と撤回――」

齋藤文俊近世近代漢文訓読と「型」」

今野真二辞書語釈――『言海』の漢語を緒にして――」

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。