「狩野博士に物を訊く会」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

「狩野博士に物を訊く会」

掲載誌『日本評論昭和十一年九月号とのこと*1 pp.484-510


狩野亨吉

長谷川如是閑

石原純

桑木厳翼

和辻哲郎

辰野隆

黒正巌

谷川徹三


1936.6の『思想』 での狩野亨吉「天津教古文書の批判」掲載から遠からぬ「昭和十一年七月二十二日」の対談

今日は「和學和學者・和書を語る」座談會といふ樣な顯目を決めて居つたのてありますが、さういふことに拘泥しまぜんで、色々なお話を承り度いと思ひます。


狩野文庫の話

日本学問とその特性

徳川時代大学

日本及日本人について

草双紙と××*2の話

碁と天才

科学的鑑定法の話

狩野博士の天津教爆撃


2017年現在の著作権残存者、谷川徹三長谷川如是閑の発言を削除したものを「うわづら文庫」で公開。

https://app.box.com/s/7n083tef9694yk5b8dhdkijjp8ny0wku

*1青江舜二郎狩野亨吉の生涯』所収年譜による。

*2:春画なるべし。「狩野 それはどこへ行ったか分りませんがね。東北大學に金を出した人は荒井泰治と云ふ方で私の死んだ兄(狩野元吉)と一緒に毎日新聞社に居たことがある人です。仙臺の當時の總長の澤柳さん(沢柳政太郎)は要らないと云ふ。其次の北條さん(北条時敬)はそれは惜いことをしたと言ひました。」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。