「江戸時代のマスメディア」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

「江戸時代のマスメディア」

『歴史公論』11巻4号

1985年

延広真治平田萬里遠山本武利「〈座談会近世情報社会の展開を探る」

山本武利マスメディア形成期としての江戸時代

真田信治「社会の拡大と標準語の推移」

井上隆明近世出版事情」

吉原健一郎江戸情報社会

宗政五十緒上方情報社会

岸雅裕「地方の出版事情」

林英夫「「読売り・瓦版」の世界

佐藤悟マスメディアとしての歌舞伎

本橋ヒロ子実録講談『中山大納言』」

比留間尚辻講釈について」

林雅彦絵解き

長友千代治「行商本屋貸本屋古本屋

関山和夫説教節」

倉田喜弘幕末はやり歌

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。