「日本語ブーム大検証!」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

「日本語ブーム大検証!」

『ダカーポ』495(2002.7.17)「日本語ブーム 大検証!」

pp.8-33


人気の「日本語本」を徹底分析。見えてきた名文美文の条件


心の故郷の喪失か それとも……いまなぜ、日本語ブーム

 (紀田順一郎・吉田司)


声に出して読むと、ほんとうに日本語が身につくのだろうか?

 (塩田久嗣)


あからさまに「声に出せない」日本語の魅力 永江朗


お隣、台湾や韓国にも自国語ブームはちゃんとあった 丸目蔵人


経済はデフレ、小泉ことばは、インフレ。価値低下の原因は?


教科書から漱石鴎外が消えたことで、学力は低下する?

 (尾木直樹)


笑いが取れる日本語はぐっと言文一致の方向に進んでいる


ネットを駆使して変容、増殖する日本語を編んでゆく

(佐藤宏)


言語もバーチャル化するのかと思いきや、意外や意外……

 (田中克彦)


ネット上の日本語は"変容"しているのか? 2ちゃん用語から考察

 (新保信長)


言葉に拘泥しすぎる人間はそこから前に進めなくなる

 (町田康)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。