「文ことばなめき人こそ」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

「文ことばなめき人こそ」

枕草子

岩波文庫 池田亀鑑校訂による

【二六二】 文《ふみ》ことばなめき人こそいとにくけれ。世《よ》をなのめに書《か》き流《なが》したることばのにくきこそ。さるまじき人のもとに、あまりかしこまりたるも、げにわろきことなり。されど、わが得《え》たらんはことわり、人のもとなるさへにくくこそあれ。

 おほかたさし向《むか》ひてもなめきは、などかくいふらんとかたはらいたし。まいて、よき人などをさ申す者《もの》は、いみじうねたうさへあり。田舍《ゐなか》びたる者《もの》などのさあるは、をこにていとよし。

 をとこ・主《しゆう》などなめくいふ、いとわるし。わが使《つか》ふものなどの「なにとおはする」「のたまふ」などいふ、いとにくし。ここもとに、「侍り」などいふ文字《もじ》をあらせばやと聞《き》くこそ多《おほ》かれ。さもいひつべき者《もの》には、「あな《*》、にげな、愛敬《あいぎやう》な。などかう、このことばはなめき」といへば、聞《き》く人もいはるる人もわらふ。かうおぼゆればにや、「あまり見《み》そす」などいふも、人わろきなるべし。

 殿上人・宰相などを、ただ名《な》のる名をいささかつつましげならずいふは、いとかたはなるを、きようさいはず、女房《  ばう》の局《つぼね》なる人をさへ、「あのおもと」「君」などいへば、めづらかにうれしと思ひて、ほむることぞいみじき。

 殿上人・君たち、御前《おまへ》よりほかにては、官《つかさ》をのみいふ。また、御前《おまへ》にては、おのがどちものをいふとも、きこしめすには、などてか、「まろが」などはいはん。さいはんにかしこく、いはざらんにわろかるべきことかは。

○あなにげな──人けんの(底・三本ミナ)。ナシ(能本)。あなにけな(前本)。


国文大観

 文ことばなめき人こそいとゞにくけれ。世をなのめに書きなしたる詞のにくきこそ。さるまじき人のもとにあまりかしこまりたるも、げにわろきことぞ。されど我がえたらむはことわり、人のもとなるさへにくゝこそあれ。大かたさし向ひてもなめきはなどかくいふらむとかたはらいたし。ましてよき人などをさ申すものは、さるはをこにていとにくし。男すうなどわろくいふいとわろし。我がつかふものなど、おはする、のたまふなどいひたるいとにくし。こゝもとに、侍るといふもじをあらせばやと聞くことこそ多かめれ。あいぎやうなくと詞しなめきなどいへば、いはるゝ人も聞く人も笑ふ。かく覺ゆればにや、あまり嘲弄するなどいはるゝまで、ある人もわろきなるべし。殿上人宰相などを唯なのる名をいさゝかつゝましげならずいふは、いとかたはなるを、げによくさいはず。女房の局なる人をさへ、あのおもと君などいへば、めづらかに嬉しと思ひてほむる事ぞいみじき。殿上人きんだちを御まへよりはかにてはつかさをいふ。又御前にて物をいふとも、きこしめさむにはなどてかは、まろがなどいはむ。さいはざらむにくし。かくいはむにわろかるべき事かは。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991361/98

新大系243

旧全集27

新全集244

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。