〈言語資源としての日本語〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈言語資源としての日本語〉

岩波文学 隔月刊第12巻・第3号

5,6月号

2011 岩波書店

《特集》言語資源としての日本語

座談会言語資源としての日本語 矢田勉/清水康行/ジョン・ホイットマン/金水敏(司会)  2

金文京言語資源としての漢字漢文――日本韓国の比較」

中村春作訓読、あるいは書き下し文という〈翻訳〉」

齋藤文俊漢文訓読の遺産」

矢田勉表記体間の干渉と新表記体の創出――候文成立に対する仮名文書の関与について」

岡田袈裟男異言語接触日本語エクリチュール――近世から近代にいたる道」

清水康行「誰が言語を司るのか――幕末外交における正文通訳をめぐって」

今野真二明治期日本語の揺動《あゆぎ》」

田中牧郎近代漢語の定着――『太陽コーパス』に見る」

鈴木広光「開化の軋み――揺籃期の日本語タイポグラフィ」 154

朴鎭浩文字生活史の観点から見た口訣」   169


文学のひろば】川本皓嗣「いま、『源氏物語』と『雪国』の英訳をどう見るか」

文学のひろば】内田樹「目標文化をもたない言語

揖斐高林鳳岡論 守成の憂鬱 」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。