〈東京語の歴史〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈東京語の歴史〉

『国語と国文学』 65(11)



田中章夫東京語時代区分」…1-16

飛田良文「山の手の言葉の形成」…16-34

土屋信一「拡大する東京語圏一旧市域の東京語と新市域の東京語一一」…35-44

森岡健二言文一致東京語」… 45-58

京極興一明治期国語教科書における用語の選定について一否定辞を中心に一」…58-69

進藤咲子東京語待遇表現変遷」…70-82

岩淵匡東京における言語生活史」…83-94

小松寿雄「東京語における男女差の形成一一終助詞を中心として一」…94-106

寿岳章子「戦後における東京語変遷」…107

林巨樹明治普通文」…118-128

清水康行東京語録音資料一一落語演説レコードを中心として一」…129-143

真田信治「末期江戸語における方言的背景一『夢酔独言』の用語に即して一」…144-154

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。