〈日本語文法史研究の現在〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈日本語文法史研究の現在〉

『国語と国文学』82(11)

2005


Narrog Heiko「言語類型論から見た日本語文法史」pp.1-12

坪井美樹テ形接続形式文法化」pp.13-25

山口堯二「「にあり」式連語係助詞介入小史」pp.26-36

野村剛史「中古係り結びの変容」pp.36-46

吉田茂晃「"結び"の活用形について」pp.47-57

山田昌裕疑問表現における主格表示「ガ」拡大の様相──係助詞「ヤ」「カ」との関わり」pp.57-69

鈴木浩古代日本語の-ガ節について」pp.70-81

高山道代「古代日本語ハダカ格における語と語の関係性──統語構造上の関係と意味上の関係」pp.82-92

Long Eric「日本語の文法史における格と形式名詞のかかわり」pp.93-101

須田淳一ミ語法の時と主体」pp.102-113

近藤泰弘平安時代語副詞節の節連鎖構造について」pp.114-124

山崎貞子「古代語副詞「まさに」をめぐって」pp.124-137

小林賢次狂言台本における謙譲語法──「申サルル」とその周辺」pp.147-156

西田隆政助動詞キと「直接体験」──地の文での係り結びの使用傾向をめぐって」pp.157-166

井島正博中古語存続助動詞の機能」pp.167-179

金水敏存在表現歴史方言」pp.180-191

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。