〈日本語の中の漢字・漢語〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈日本語の中の漢字・漢語〉

国語展望』89

1991・秋(10/1)

林四郎日本語としての漢語」2-5

森岡健二漢字字義造語力」 6-12

林大漢和辞典漢字の分類排列—わかりやすい検索法—」 13-20

林史典字音の性格と辞書字音」 21-25

湯沢質幸字訓の範囲—漢和辞典への希望—」 26-30

大橋由美「字源理解六書の現代的解釈—」 31-35

堀川貴司訓読歴史漢文教育」 36-39

野山嘉正「近代詩歌のなかの漢詩鴎外子規漱石藤村—」 40-47

塚田勝郎「高校生と漢和辞典」 48-51

靏岡昭夫「若者の感字の創造」 52-53

佐藤栄作「丸文字のその後」 54-55

草彅高興「私の漢字教育」 56-57


特集外

長尾高明 「ばかり」と「のみ」 58-61

国語学の系譜17  時の助動詞—「き」の意味— 山口明穂 62-66

松尾聰 中古語「ふびんなり」の語意(三) 67-73

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。