〈日本語における文法化・機能語化〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈日本語における文法化・機能語化〉

『日本語の研究』1-3『国語学』222)特集

2005.7

日本語の文法化研究にあたって――概観と理論的課題―― 大堀壽夫

日本語敬語の文法化と意味変化 金水敏

日本語可能形式にみる文法化の諸相 渋谷勝己

複文における名詞節の歴史 青木博史

現代日本語における文法化――内容語と機能語の連続性をめぐって―― 三宅知宏

方言における文法化――東北方言の文法化の地域差をめぐって―― 日高水穂

日本語韓国語文法化の対照――言語類型論の観点から―― 堀江薫

日本語の文法化の形態論的側面 ハイコ・ナロック

文法化借用――日本語における動詞中止形を含んだ後置詞を例に―― 陳君慧

中世末期日本語と現代韓国語テンスアスペクト体系――存在型アスペクト形式文法化の度合い―― 安平鎬福嶋健伸

琉球語 *i-(自動詞する)の文法化――文字資料の無い言語の研究例―― 伊豆山敦子

条件表現史にみる文法化の過程 小林賢次


書評

国立国語研究所編『分類語彙表 増補改訂版』 石綿敏雄

坂梨隆三著『近世の語彙表記柏原卓

小林英樹著『現代日本語の漢語動名詞の研究影山太郎

山田敏弘著『日本語のベネファクティブ――「てやる」「てくれる」「てもらう」の文法――』 山岡政紀

田中寛著『日本語複文表現の研究――接続叙述構造――』 益岡隆志

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。