〈方言矯正の諸問題〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈方言矯正の諸問題〉

『綴方学校』第3巻第11号(1939)

方言学への手引 輿水實

アクセントの學習法について 三宅武郎

子供の塩 『綴方世界』覺書3 與田準一


綴方方言 長崎 近藤益雄

方言矯正と生活矯正 秋田 鈴木正之

方言矯正の諸問題 兵庫 萩原一郎

方言の諸問題』への回答 鳥取 妹尾輝雄


方言矯正現地報告

 方言以前の領野 福島縣安達郡玉井校 武藤要

 國語教育上の基礎工作として 青森縣女子師範附属 小野清勝

 鐵道開通を轉機として 岩手縣下閉伊郡宮古校 澤田貞一

 不正語矯正への方策 新潟縣新発田町新發田校 渡遽義平

 綴方方言を使はせたくない 山梨縣北巨摩郡韮崎校 内藤勉

 感情表現標準語化へ 千葉縣安房郡富崎校 眞田巖

 アクセント良好幹部の活用 徳島縣板東町板東校 森本安市

 正しい話言葉の生活化 香川縣綾歌郡坂本校 田中重

 兒童方言に於ける二元性 福岡縣八女郡中広川校 古川進

 方言矯正への諸方策 大分縣延岡市延岡校 常盤正治

 標準語表現を要求する子供 鹿兒島市清水校 木下壽久


方言兒童作品 二篇

文學方言 百田宗治

環境と子供 私の低学年指導1 佐藤茂

今月の文集(吉田瑞穗)

編輯後記


編輯兼発行者 百田宗治

椎の木社

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。