〈平安時代語研究〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

〈平安時代語研究〉

『国語と国文学』69-11

1992


古代語ノ・ガの関係表示 山口尭二 1

体言に連なる助動詞「む」の表現一『枕草子』の場合一 小松光三 11

枕草子語法一つ一連体接「なり」の場合一 糸井通浩 22

院政期訓点資料における助動詞 月本雅幸 32

本朝文粋』の文章について一日本漢文文体判定の基準を求めて一 峰岸明 42

文体史的研究に関する覚書 沖森卓也 56

謙譲語から見た源氏物語文章 根来司 67

源氏物語文章平安朝文章史記述の為の一つの試み一 竹内美智子 77

枕草子』の「ひてつくるまに」一沖縄などの方言における個数詞「ヒテツ」(1個)をめぐって一 安田尚道 87

文脈に於ける語彙位相一『往生要集訓点本と仮名書き本の語彙の訳し分けについて一 古田恵美子 96

ハ行転呼音」は何故「平安時代」に起こったか一日本語音韻史の視点と記述一一 林史典 110

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。