〈「が」「の」の徹底的研究〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈「が」「の」の徹底的研究〉

月刊文法』2-11

(1970.9)


【が】

【の】


此島正年「「が」の意味用法

吉田金彦現代文における〈の〉の意味用法

長谷川清喜「「が」「の」の類似と相違」


「が」「の」の語源

小沢重男アルタイ言語由来説」

北条忠雄「〈の〉語源は〈な〉か」

風間力三「「が」「の」の変遷

山崎良幸「〈が〉と〈は〉は区別されるか」

鈴木丹士郎「「が」と「を」─「文法が好き」「文法を好き」」

佐伯哲夫「「の」と「を」-「本の読める」「本を読める」」


森野宗明接続助詞としての「が」 成立過程を中心に」

山内洋一郎「「もが」「がな」と「が」」

山崎久之「「の」による終止

安本美典接続助詞「が」の文章心理学

増淵恒吉「「が」「の」の指導」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。